別館TUV改

つくばユナイテッドSun GAIAというバレーボールチームまわりのあれやこれや。たまに更新。

ごくごくごく私見

書いちゃお。ここ誰も見てないしなぁ(ぉぃ)。

気になっているのはUniv男子現キャプテン・石島雄介氏の今後の進路。

まぁ、いきなりTUV-PROというのはないだろうとは思っているのだが、

Vリーグに参戦する頃には戻ってきたらいいなぁという感じで見てはいる。

つまり、そういう短期契約*1で行ける日本のチームがあればよいのだが、それはどうだか。

どう頑張っても、既存のVチーム(堺BZはどうなのだろう…先日、引退した市橋氏の新日鐵本体への復帰報告がサイトにあがっていたが、つぅことはBZの運営会社出向という位置付けだったのだろうか)だと、バレーの選手=会社員としての雇用がどうしても切っても切れないのだろうなぁとは思う。サントリー佐々木太一氏が引退したときの雑誌の記事などを見ていると、バレーに関わっていくというよりも、現在は社業への意識が強い(だからプロ云々にもあまり関心はない)という記述があって興味深かった。勿体無いなぁと思う反面、それがサントリーという会社とスポーツチームとの関係なんだろうなぁと再認識もした。

だからこそ、サントリーがバレー以上に大切に育ててきたと思っていた女子バドミントンチームを手放したときは驚いたし、会社とバレーとの関係だって今後どうなるかわからないなぁと思ったものではあった。

そのあたりの感覚は、入社してから現役を退くまで同じ立場で行けた選手と、そうではない選手とでは異なるのだろうし、ましてはこれからチームを選ぼうという立場であればさらに変わってくるのだろう。

実は、現在海外を目指そうとして一番近いのはTUVなのだと思われる。チームに入る前の状況で殊更「海外志向」を公言している選手を、その選手の夢を壊さない範疇で、抱えきれるチームが現在あるだろうか…という疑問は常につきまとう。実は。

まぁ、TUVにしても「ちょ、ちょっと待って、もちょっと」というところなのかもしれないが…現状では、クラブ運営に関して、選手たち自身が汗をかいていかなければならない部分が多そうだから。

某所で石島氏をはじめ、卒業を控えたいろいろな選手の進路が取りざたされているのを見ると、やっぱりTUVってファンの間にも正確にその姿を捉えられていないのだなぁと思ってしまった。やっぱり広報サイドはブログを立ち上げるなりして、定期的にクラブの方向性をアピールしていくべきなのだろうと思う。TUVが目指す方向性、「バレーファン」層にはあまりにも知られていないなぁ…

*1:加藤氏のJTは2年契約と聞く。ほのかに薫る何かがある

広告を非表示にする