読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別館TUV改

つくばユナイテッドSun GAIAというバレーボールチームまわりのあれやこれや。たまに更新。

つながっT

先週末だけ応援した、Vチャレンジリーグのとあるチーム関連のブログを巡っていたら、嬉しいエントリーを見つけた。

Fuu ハーゲンダッツ争奪戦 の文中で、バックプリントがきらびやかなTシャツをお召しになった選手の件について書かれているのだ(リンク先に着用写真あり)。

このTシャツはTUVが2006年東西インカレ(8月開催)に合わせて作成し、会場内のSun GAIA STATION等で販売された。会場のスタッフはこれを着用して、つくばカピオを忙しく走り回っていた。

紺と白の2バージョンがあり、どちらかというと紺の売れ行きが良かったらしいのだが、練習着としては白のほうがしっくり、かもしれない。

おそらくこのエントリーに出てきている「繋ぎの神髄」Tシャツ*1は、下記のいずれか、かなぁ。

  1. 日曜日に各チームに贈られたグッズ詰め合わせの中にあった。
  2. 「Sun GAIA Station」にて販売されていたものをお買い上げになった。
  3. 東西インカレに出場した誰かのおみやげ*2
  4. その他
  5. よんせんえんで何買うの

そういえば「繋ぎの神髄」といえばこんなアイテムもあったなぁ。

TUVが主催する大会で優勝したチームに贈られた賞状→賞状!(ふじなまさきなまの「俺は強い」)

賞状にはただひとこと

「繋ぎの神髄を讃える」

とある。カコイイ。

「繋ぎの神髄?」というのは、TUV周辺で常に登場する重要なキーワードである。2006年(つくば開催としては一区切りの)東西インカレの「繋ぎの神髄、さらなる深化へ」というキャッチフレーズは、これまでTUVが取り組んできた活動の、ひとつのチェックポイント、でもあったのだろう。

ちなみにVリーグオフィシャルサイトの「我ら、かく戦わん」にもこんな風に書かれている。

我がチームの特徴とも言える、人と人とのつながり、一つのボールを繋ぐ「繋ぎの神髄」をバレーコートで表現し、若さと勢いを持って多彩な攻撃に繋げていきたいと思います。

繋がるのはボールだけではなく、それを見つめる人々もまた、それによって繋がっているのだということを、TUVにはしばしば教えられる。やばいよ魔法の言葉だよどうしてくれるよ。

*1:当方も紺を一枚持っている。きらびやかなバックプリントの部分はくっつくので、直に着るのはおすすめできかねる

*2:去年はFC東京関係者はいなかったよなぁ…高取がいた東亜は出られなかったしなぁ…おお、おおっと、ひとりいた

広告を非表示にする