読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別館TUV改

つくばユナイテッドSun GAIAというバレーボールチームまわりのあれやこれや。たまに更新。

Vチャレンジリーグ男子(3/10) つくばユナイテッドSun GAIA3-2大同特殊鋼

1日遅れですがメモの書き起こし。

第1セット T19-25D

TUV)西田→丸山→阿部→三上→菊池→浦田(L赤木)

DAI)橋満→西久保→若山→小林→上野→奥平(L平井)

なんか変だ変だ変だといっているうちに終わってしまった。中盤、9-10から5連続失点、その後流れを戻せずそのまま。志賀選手久々の交代出場(阿部選手の位置に)。

第2セット T16-25D

TUV)丸山→阿部→三上→菊池→浦田→西田(L赤木)

DAI)奥平→橋満→西久保→若山→小林→上野(L平井)

第1セット以上に「何をどうしていいかわからない」状態でもがいていたTUV。ついには6-10で三上選手が増村選手と交代する場面も(アップエリアにいる三上選手っていうのも珍しい状況ではある)。後半は菊池→石川も。ボールが落ちない大同特殊鋼。対して、細かい連係のミスとかかみ合っていない感を醸し出すTUV。この試合はどうなってしまうのだろうかと本気で考えてしまっていた。

第3セット T25-22D

TUV)西田→丸山→阿部→三上→菊池→浦田(L赤木)

DAI)橋満→西久保→若山→小林→上野→奥平(L平井)

初めてリードしてテクニカルタイムアウトを取る。だんだん菊池選手のブロック、西田選手の攻撃等、持ち味が出てきた(それにつけてもサーブミスの多さよ、ではあるが)。しかし18-13から6連続失点で逆転されたりとかまだまだ予断を許さない状況であることには変わりない。何しろ絶壁である。

19-20の時おもしろいタイミングでの交代があった。阿部選手「次がサーブ」というタイミングで増村選手と交代。増村選手がサーブを打ち終わったところで戻るというパターン。うまく回っているレセプションを壊さないことと、攻撃面での強化をねらう一石二鳥の作戦なのだが、確かに定石通りではない、創意工夫のあと。このパターンは第4-5セットでもみられた。

結局21-21から抜け出したきっかけは、三上選手のサーブと、ワンポイントブロッカーで出場した(久々?)小川選手が効いたブロックだった。

第4セット T25-23D

TUV)丸山→阿部→三上→菊池→浦田→西田(L赤木)

DAI)奥平→橋満→西久保→若山→小林→上野(L平井)

西田選手のディグから阿部選手がブロック、という、思わず声が出てしまう状況からスタートした第4セット。一進一退の展開であったが、9-9から菊池選手のブロックが出た後、三上選手のサーブで引き離す。久々にノータッチエースも。そしてその後丸山選手のブロックもやっと出た!という感で中盤はTUVペース。

一度終盤で追いつかれたが、最後は振り切ってなんとかフルセットに突入。

第5セット T15-9D

TUV)西田→丸山→阿部→三上→菊池→浦田(L赤木)

DAI)橋満→西久保→若山→小林→上野→奥平(L平井)

7-8のビハインドでコートチェンジと相成ったが、8-8からの丸山選手サーブ時猛チャージで一気に引き離した。13点目はノータッチエース。最後はワンポイントで入った小川選手が締めた!

非常に苦しい試合であったがなんとか勝ったことにより、TUVは初めてチャレンジマッチ圏内の2位へ浮上した。