別館TUV改

つくばユナイテッドSun GAIAというバレーボールチームまわりのあれやこれや。たまに更新。

高松上位対決は1勝1敗

ベンチ入りは両日とも菊池、大久保、小川、石川、大木、篠村、赤木(L)、冨田、浦田、浜田、山根、阿部(背番号順)。

実はTUVユニ見るの初めてじゃなかったっけ1回あったっけ、の「SHINOMURA」。

高松会場には、土日を通して、先輩でもあり後輩でもある(?)OB大野氏の元気な姿を見ることが出来た。というか何故か静かだった会場をしっかり盛り上げてくださっていた。

2/16 ●0-3FC東京

ユニフォームは緑。

第1セット TUV20-25FC東京

F)山内→福田→山本→阿部→伊東→大庭 L中谷

T)小川→石川→阿部→大木→菊池→大久保 L赤木

交代:F)大庭←→橋場、山本←→高取 T)阿部←→篠村、石川→冨田

FC東京、この日はMB山本-大庭。序盤、その山本の連続ブロックで抜け出したFC東京が終始優位に進めたこのセット、細かいミスがあったTUVは東京を追い詰めることが出来ず、20点に乗せるのがやっと。なおこの日からベンチ入りした篠村、まずはワンポイントブロッカーで登場。

第2セット TUV23-25FC東京

T)小川→石川→阿部→大木→菊池→大久保 L赤木

F)福田→山本→阿部→伊東→大庭→山内 L中谷

交代:T)石川←→冨田、大木←→浜田、阿部→篠村 F)山本←→高取

10点前までは互角だった。しかし10-9から2連続スパイクミスなどで一気に10-13に。1つ1つのミスは細かいモノであるにせよ、それが積み重なってしまうとたちまち大きな差になってしまう。伊東のコート右端にねらい澄ましたノータッチエースなどもあり、TUVは2度目のテクニカルタイムアウトを12-16で迎えることになってしまう。

その後はついたり離れたりしつつセットポイントを迎えた。20-24から石川のスパイク、ブロックなどで3点返したが、そこまで。

FC東京の繋ぎからの攻撃の多彩さをあらためて痛感させられた。

第3セット TUV23-25FC東京

F)山内→福田→山本→阿部→伊東→大庭 L中谷

T)小川→石川→阿部→大木→菊池→大久保 L赤木

交代:F)伊東←→益永、山本←→橋場、山内←→加賀 T)大久保→浦田、菊池→篠村、石川←→冨田、大木←→浜田

序盤は腰が引けたっぽい展開。序盤4-7でセッター交代。

第2セット同様後半追い上げたが、相手を捕らえるには至らなかった。

2/17 ○3-1東京ヴェルディ

ユニフォームは白。ヴェルディに相対すると、微妙に緑の色調が違うのがわかって面白い。

(追記予定。きょうじゅうにできればいいな)

広告を非表示にする